頻尿の原因は、以下の通りになります。 ・過活動膀胱 ・残尿 ・多尿 ・尿路感染 ・膀胱がん ・心因性 過活動膀胱とは、尿が溜まっていないのにもかかわらず、尿意を感じてしまう病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)のことです。 脳卒中(2020年には、患者?が300万人をこえると予想されているそうです)やパーキンソン病といった脳の病気や前立腺肥大症が原因で膀胱の働きが乱れてしまい、過活動膀胱(800万人以上の人が悩んでいるといわれている病気です)になる場合だってあります。 1回の尿量は少なく、回数が多いというのが特徴です。 残尿は膀胱に尿が残ってしまう状態のことで、前立腺肥大症や糖尿病、子宮がん、腰部椎間板ヘルニアになると起きやすいのだそうです。 一回で全部を出しカットすることができない為に、何度もトイレに行くことになります。 また、尿の量の増加が原因で回数が増える状態のことを多尿と言い、水分をたくさん摂取したり、糖尿病になると起こりやすいです。 尿路に感染症が起こり、膀胱が刺激されることによっても排尿の回数が増えることがありますし、膀胱がんのせいで尿回数が増える場合もあります。 また、なんどもトイレ(日本は完全に個室になっているタイプのトイレがほとんどですが、海外では仕切りがないことも珍しくないそうです)に行くことへのストレスや不安が原因で、頻尿(神経性頻尿や過活動性膀胱、泌尿器系の臓器の疾患、慢性腎不全、糖尿病などが原因で起こることもあります)になってしまうケースもあるでしょうー